借り換え目的にも便利なカードローン

カードローンはご利用限度額の範囲で、
使いみち自由で借りられるのが特徴です。

 

キャッシングより金利が低めで
ご利用限度額も高めです。

 

こういった特徴を生かし借り換え目的でも
ご利用することが可能です。

 

スポンサードリンク

 

借り換えとは、
金利の高い借入を金利の低い別の借先へ乗り換えることを言います。

 

金利の低いカードローンに借り換えすることで、
利息のお支払を減らすことができます。

 

わずかな金利差でも借入額が多い場合は、
十分な利息減額効果が期待できます。

 

複数の借入がある場合に一つのカードローンにおまとめすると、
毎月の返済が1回だけになり楽になります。

 

不動産担保ローンのように担保に入れる財産が無くても大丈夫ですし、
連帯保証人になってくれる人が居なくても大丈夫です。

 

その代わりに借り換えするときに注意点があります。

 

スポンサードリンク

 

それは金利の低さだけで借り換えし、
返済期間が長くなると利息減額効果が薄くなったり、
かえってお支払が増えてしまう事がある点です。

 

逆に返済期間が短くなりすぎると、
今度は毎月の返済額が多くなり返済がきつくなってしまいます。

 

金利の低さプラス返済期間のバランスも含めてよく考えることが大切です。

 

借り換えしたらどれくらいの利息減額効果が得られるのか分からないと言ったときは、
カードローンのホームページにある返済シミュレーションをご利用されると分かりやすいです。

 

カードローンの店員さんに相談しても良いです。

 

貸金業者は総量規制の対象ですので、
総量規制では借入総額が年収の3分の1を超えられないと言う約束事があります。

しかし銀行のカードローンは総量規制の対象外です。

年収が少なく借入額が多くても借り換えしやすいです。

 

その代わりに銀行は、
金利が低い分だけ貸金業者より審査が厳しいです。

 

貸金業者でも借り換えローンやおまとめローンと言ったローン商品なら大丈夫です。

 

総量規制には顧客が一方的有利になる借り換えは、
例外とする約束事があるのです。

 

銀行の審査に受かる自信が無いときは貸金業者の借り換えローンや
おまとめローンへの申し込みを検討するのも一つの手だと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

次の記事を読む⇒カードローンを利用する際は金利を比較する

 

SNSでもご購読できます。